ハーブアドバイザー

ハーブアドバイザー資格は、より安全にハーブを楽しむために、正しい情報を伝え、知識や使い方などを適切にアドバイスできる能力を日本ハーブ振興協会が認定する資格です。

ハーブは、ストレスや不眠症、花粉症、冷え性などの現代特有の病気に効果があるといわれています。
ハーブアドバイザーは、多数のハーブの特性や効果を理解し、利用法を広めていくのが仕事で、ハーブの普及などのためにアドバイザーとしての役割を担うことが期待されています。
ハーブアドバイザーは、。

ハーブアドバイザー資格を取得するには、公開試験を受ける方法と、日本ハーブ振興協会の認定スクールで学んでスクール内試験を受ける方法がありますが、スクールではハーブを利用した料理や治療法などを体系的に学ぶことができ、仕事に活用する実践的な知識も学べるため、スクールを利用する人が多いようです。

 

【受験資格】
特に制限はありません。

【試験日】
公開試験:3月、7月、11月(年3回)
スクール試験:随時

【受験地】
公開試験:東京、大阪
スクール試験:認定スクール

【試験内容】
日本ハーブ振興協会資格取得ガイドラインによります。

【受験料】
公開試験:8,000円
スクール試験:10,500円

【問い合せ先】
NPO法人 日本ハーブ振興協会



 

サブコンテンツ

LINK

女性のための生命保険を紹介
女性のための生命保険

googleトラブル

このページの先頭へ